栗原あゆみマロンティーンルーム
ニュース プロフィール ブログ BBS
グッズ販売 写真集 リンク 占い
栗原あゆみTopics

栗原あゆみサイン&握手会開催!


2013.03.17

◇日時

 2013年3月20日(水・祝)午後1時〜午後2時

◇場所

モーニングプロダクション (URL
大阪市浪速区難波中3-8-22 新川清水ビル4F(TEL:06−6648−9513)
※なんば・大阪府立体育会館真裏

◇参加方法

整理券は配布しておりませんので、直接ご来店ください。
(なお当日、混雑温和のため整理券を配布する場合もあります)

◇当日販売のサイン会対象グッズ

栗原あゆみポートレート 各1,000円
栗ご飯Tシャツ  3,500円

上記のサイン会対象グッズをお買い上げの方に、その商品にサイン&握手&写真撮影(2ショット、または1ショットいずれかを1回のみ)ができます。
(カメラは各自でご持参ください。動画不可)

さらにサイン会対象グッズをお買い上げ額3000円ごとに1回抽選できます。
非売品や栗原あゆみ愛用品が当たります。空くじなし!

◇ご注意

モーニングプロダクション店頭では、栗原あゆみ選手のオフィシャルグッズ(DVD、写真集、ポスター、写真くじなど)を販売しておりますが、サイン会開催時には販売しませんのでご了承ください。
栗原あゆみ

栗原あゆみがOzアカデミー女子プロレス大阪大会に出場!


2012.11.08

Ozアカデミー女子プロレス ■日時:2012年11月25日(日)午後5時30分
■会場:松下IMPホール(大阪・京橋)

■対戦カード
 タッグマッチ30分1本勝負
 栗原あゆみ&AKINO VS 桜花由美&松本浩代

■チケット
最前列 ¥7,000(当日¥7,500)
RS席A¥6,000(当日¥6,500)
RS席B¥5,000(当日¥5,500)
RS席C¥4,000(当日¥4,500)
指定席 ¥3,000(当日¥3,500)

チケット購入

栗原あゆみ写真撮影実使用衣装がGETできるチャンス!


2012.09.20

栗原あゆみがパンフレットやポートレートなどの写真撮影で着用した衣装が販売中!
栗原あゆみ

栗原あゆみがOSAKA女子プロレス大阪大会に出場!


2012.09.02

OSAKA女子プロレス ■日時:2012年9月9日(日)午後6時
■会場:大阪ミナミ ムーブ・オンアリーナ(道頓堀)

■対戦カード
 20分1本勝負
 栗原あゆみ VS 救世忍者乱丸

■チケット
SRS席¥6,000(当日¥6,500)
RS席¥5,000(当日¥5,500)
自由席¥3,000(当日¥3,500)
2階席¥5,000(当日¥5,500)

チケット購入

栗原あゆみが「広島格闘の祭典」に出場!


2012.05.25

広島格闘の祭典 ■日時:2012年6月15日(金)午後6時30分
■会場:広島県立総合体育館

■対戦カード
 タッグマッチ
 栗原あゆみ&桜花由美 VS 下田美馬&華名

■チケット
アリーナSS¥10,000(当日¥10,000)
アリーナS¥7,500(当日¥8,000)
アリーナA¥6,500(当日¥7,000)
アリーナB¥5,500(当日¥6,000)

チケット購入

栗ご飯(栗原あゆみ&飯田美花)1周年記念興行開催!


2012.04.15
(from MORNING PRODUCTION)

栗原あゆみ ■日時:2012年5月6日(日)午後12時
■会場:東京・新木場1stRING

■対戦カード
 栗ご飯結成1周年記念試合60分1本勝負
 栗原あゆみ&AKINO VS アジャコング&飯田美花

■チケット
大盛りシート¥4,000(当日¥4,500)
並盛りシート¥3,000(当日¥3,500)

チケット購入

栗原あゆみがテレビ朝日「Qさま!」に出演!


2012.02.28
(from AYUMI’S OFFICE)

栗原あゆみがテレビ朝日系「Qさま!!」3月5日(月)午後8:00〜8:54放送分に出演する。
栗原は「インテリアイドル軍団」の回答者として登場する。
 詳しくは番組HP(http://www.tv-asahi.co.jp/qsama/contents/pop/120305/index.html)まで。

栗原あゆみが”グラン浜田デビュー40周年記念大会”に出場!


2012.01.31
(from MORNING PRODUCTION)

グラン浜田 ■日時:2012年2月19日(日)午後6時30分
■会場:大阪ミナミ ムーブ・オンアリーナ

■対戦カード
 栗原あゆみ&浜田文子 VS GAMI&下野佐和子

■チケット
リングサイド¥5,000(当日¥6,000)
指定席¥4,000(当日¥5,000)
2階席¥6,000(当日¥7,000)

チケット購入

「P−LIFE」表紙に栗原あゆみが登場!


2011.05.22
(from AYUMI’S OFFICE)

 関西圏の不動産情報を中心としたフリーペーパー「P−LIFE」の表紙に栗原あゆみが登場した。
 中ページには栗原あゆみの直筆コラムや、栗原をモデルとしたページなども掲載。
 大阪の難波・梅田を中心に、関西 圏の飲食店・不動産屋で配布中。

栗原あゆみが「OH!どや顔サミット」に出演!


2011.04.26
(from AYUMI’S OFFICE)

 栗原あゆみが2011年4月29日(金・祝)午後9:00〜9:54まで、テレビ朝日系バラエティ「OH!どや顔サミット」へ出演する。
 詳しくは番組HP(http://asahi.co.jp/doya/)まで。

アメリカ遠征: SHIMMER 37&38結果&詳細


2011.03.27
(from AYUMI'S OFFICE)

3月26日、アメリカ・イリノイ州シカゴ「バーウィンクラブ」でおこなわれたSHIMMER37&38の結果と詳細をお送りします。
同大会には日本より栗原あゆみ、中川ともか、松本浩代、大畠美咲が参戦、明日27日も同所にて試合を行います。

SHIMMER 37

▽30分1本勝負
ルフィストー(片エビ固め、8分23秒)中川ともか

ルフィストーVS中川ともか  中川は日の丸を背に入場、日本人を応援する観客席の一角にはふてぶてしい笑みを浮かべ、コーナーに上って日の丸をかざした。しかしルフィストーの入場の際、雰囲気は一転して大歓声に包まれると、中川は耳をふさいだ。
 まずは組み合う姿勢を見せたルフィストーに中川は組み合うと見せかけ、1回転してフェイント。これに怒ったルフィストは中川の鼻をつまむ。
 中川も箱の挑発に乗るかのように、得意の場外戦へ。鉄柵にルフィストをぶつけると、ルフィストの守り神である人形を奪い、リング上に持ち込んで踏みつける。観客は人形の大切さを知っているだけに中川に大ブーイング。中川は気にすることなく、グラウンド式の卍固めを決めて、一方的に攻め込む。さらにレフェリーとルフィストを同士討ちにさせるなど、持ち味が全開。
 しかしトップロープからの攻撃を狙ったところを背後から宙づりにされると、そのままボディアタックで突進される。ルフィスト―はさらにダブルアームスープレックスから、スタンディング式のヒールホールドへ。それでも中川は立ち上がるとルフィストーをロープに振り、自らも反対側のロープに走る。しかし、ここでルフィストが走ることをやめると、中川に加速がついていたため、止まることができず一人で走らされることに。止めたくても勢いづいてしまい、止まらない状態の中川。ついには息切黷ナダウンした。キレた中川はコーナーに置いていた水を含むと、噴射攻撃。この勢いのまま、セカンドロープに上っての攻撃を狙うが、ルフィストーに阻止され、水車落としのような態勢で投げられる。中川は延髄蹴りで反撃したが、ルフィストーが体を入れ替えると、オリジナルのマンガライザーを決め、3カウントを奪った。
 敗れた中川は「なんですか、あれだけ走らせて。走りつかれて負けてしまいましたよ。でも、今度当たった時はこの借りを返します」とリベンジを語った。

▽SHIMMERタッグチャンピオンシップ60分1本勝負
松本浩代&大畠美咲○(スクールボーイ、14分55秒)ポーシャ・ペレス&二コル・マヒューズ(タッグチーム名=カナディアンニンジャズ)
※松本&大畠組が新王者となる。

松本浩代&大畠美咲VSカナディアンニンジャズ  スリーエスの2人は松本がオレンジ、大畠が水色というコスチュームの色に合わせたマスク姿に、日の丸を背負って登場。このマスク姿のインパクトは強く、観客は大歓声で2人を迎え入れた。タッグチャンピオンのカナディアン・ニンジャズは松本&大畠への声援への方向に指を突き立てながら入ってきた。リングコールは「ヒロヨマツモト&ミサキオオハタ、スリーエス!」とタッグチーム名で紹介された。
 松本はガウンを脱ぎすてると新調したコスチュームに。この一戦に賭ける意気込みが伝わってくる。まずはペレスの英語での挑発に松本は「アイ・キャント・スピーク・イングリッシュ!」と応戦した。続く長身の二コルには大きく腕を伸ばしての手四つへの誘いに、届かぬ姿勢でも必死に応戦した。観客の「ニッポン」コールには両手を叩いて、コールを先導。すっかり、アメリカの雰囲気に溶け込んでいる。ここで大畠を呼び込み、ダブルのキックから松本が大畠を抱え上げてのボディプレスと連携も上々。たまらずニンジャズは場外戦へと持ち込む。
 ここでようやく王者組はペースを握ると、大畠を捕えて2人がかりでの攻撃へ。ペレスはサイドバスターを決め、膝を突き立てるような態勢でフォール。アメリカの観客はペレスにブーイング。それでも続く二コルはロープに首を巻きつけ、さらにはペレスがロープ上段に座ってスリーパーを決めるなど、反則でダメージを与えていく。それでも「あきらめない心」が信条の大畠は、キックで反撃すると、コーナーからの回転エビへ。しかしその後が続かず、またも相手コーナーへ引きずり込まれる。そして、ペレスのチョーク攻撃で動きが止められる。今度は二コルがバックブリーカーからフォールを狙うもカウント2。それでも大畠は、タッチして飛び出してきたペレスにボディアタックで逆転すると、松本へようやくタッチ。松本はタックルを3連発、しかしペレスが二―で動きを止めると、そのまま二コルへホイップしてラリアットを浴びる。その後はスタンディングへと移り、チョップ合戦へ。松本がタックルで二コルを追い込むと大畠が連携でボディアタック。ここで、松本が場外へと落とされると、リング上は大畠一人。二コルが大畠を捕え、ペレスがカウンターのキックを狙う。すると、ここで自爆を誘い込んだ大畠が、そのままスクールボーイで二コルを押さえ込むと、なんとカウント3が入り、逆転勝利! ついにスリーエスがSHIMMERタッグチャンピオンの座へとたどり着いた。松本と大畠がそれぞれ別のコーナーへと立つと、観客席は大歓声でこの偉業をたたえた。「スリーエスで初めてのベルト、うれしいです!」と松本は喜びを隠せない。大畠も「このベルトを日本に持って帰って、もっともっと防衛戦をしていきます!」と堂々の宣言。スリーエスが日本へベルトを持ち帰ると約束をした。

SHIMMER 38

▽30分1本勝負
中川ともか(網打ち式原爆固め、8分55秒)ジェシカ・ジェームス

中川ともかVSジェシカ・ジェームス  中川が先に入場し、コーナーへと座り込んでジェシカの登場を待つ。中川のコール時には緑の紙テープが舞った。
 腕の取り合いからバックの取り合いへと進み、ジェシカがコルバタで中川を場外へと飛ばす。リング外を必要以上に歩いて時間稼ぎをする中川。待ちきれなくなったジェシカはコーナーに立った中川へキックを見舞おうとするも、中川がこれを交わし自爆。中川は反撃を開始、まずはジェシカのコスチュームの一部を持ってキャメルWITH絞首刑へ。脚一本でフォールするふてぶてしさも見せる。さらに変形のコブラツイストを決めるが、アームホイップの連発に切って落とされる。それでも、再度ジェシカの動きを止めると、逆片エビへ移行。しかもジェシカの髪を持ちながら決める徹底ぶり。ジェシカは再度、コルバタにで逆転すると、カニ挟みからインディアンデスロックへ。そのまま自ら体をそらして、顎を決める複合技へ持っていく。ここで勝負時とみたジェシカは逆さ押さえ込みへと持っていくが、これを切り返した中川が、フィッシャーマンズスープレックスに決めてこの一発で快勝した。試合後、デイジー・ヘイズが突如現れ、「やはり私のパートナーは中川しかいない。これからこのSHIMMERのリングを中川とのタッグで荒らしてみせるわ」とアピール。中川も異存はなく、両者ががっちり握手。 昨年9月のSHIMMERでタッグを組んで息ぴったりだった2人が本格的タッグ結成を宣誓した。中川は「これでおもしろくなってきましたね。せっかくだから、タッグ王座でも狙いますか」とコメント。新王者組の松本&大畠組とSHIMMERで対戦する可能性も出てきた。

▽SHIMMERタッグチャンピオンシップ60分1本勝負
松本浩代&○大畠美咲(体固め、15分43秒)サラヤ・ナイト&ブリタニー・ナイト●

松本浩代&大畠美咲VSサラヤ・ナイト&ブリタニー・ナイト  イギリスのタッグチーム、ナイト家の親戚タッグがSHIMMER新王者の松本&大畠に挑戦を表明した。
 ナイト組はマネジャーにレベッカ・ノックスを従えての登場。場内は「スリーエス」コールで新王者を歓迎。まずは松本と大畠が先制をしかけると、ナイト組は場外へ転落。スリーエスの勢いを感じさせる。しかしマネジャーのレベッカの介入を機に松本がつかまる。それでもブリタニーをタックルで倒すと、スリーエスの合体技の三連続攻撃でやり返す。しかしその後、大畠がつかまっていく。サラヤとブリタニーが連続のドロップキック、さらにはサラヤのギロチンを食らい大畠の動きが止まる。館内は「大畠」コール一色。その後も代わる代わる攻撃を受け続けた大畠。王者組初防衛のピンチが続く。大畠もナックルの連打で流れを変えようとするが、すぐさまブリタニーのカットに合う。その後もサラヤがサイドバスターを連発。そして大畠を場外へ落とすと、レベッカが乱入をして攻撃を仕掛ける。見かねた松本がカットに入り、レベッカを蹴散らすと、松本が飛び込んできたブリタニーに回転エルボー。そして、大畠の両足をロックしてホイップするブリタニーに放り投げる合体ボディアタックで吹っ飛んでいくと、見事に決まってカウント3。松本&大畠組がSHIMMERタッグ初防衛に成功した。松本は「結構、苦戦したけど、初防衛ができたので、この勢いで日本にベルトを持って帰ります」と宣言した。

▽メインエベントスペシャルシングルマッチ60分1本勝負
浜田文子(APクロス、24分18秒)栗原あゆみ

浜田文子VS栗原あゆみ  日の丸を肩に背負って入場してきた栗原。おなじみの「よっしゃいくぞー」のポーズでリングイン。文子の入場時にも目をそらさず1点を見続けた。この試合をSHIMMERがメインに持ってきた理由はデーブ・スペルザック代表いわく、「あゆみの過去のSHIMMERへの実績を最大に評価した。彼女はSHIMMERシングル王座のトップコンテンダーだ」と最大級の評価。さらに「今日本がこういう状態だからあえて日本をメインに持ってきてアメリカからエールを送りたかった」とも付け加えた。ちなみにアメリカで一番有名な日本人女子レスラーが文子なら、一番人気のある日本人女子レスラーが栗原あゆみという見方もできるという。
 まずは慎重な組み合いからスタート。両者は昨年12月、栗原あゆみ興行で顔を合わせて以来の対決。AKINO、文子を超えるために自身の興行で文子を対戦相手に選んだ栗原にとってこのシングルは願ってもないチャンスだ。
 文子はハイキックで栗原をダウンさせるが、栗原も日本ではほとんど見せることのないローキックを連打し、文子にお返し。その後は壮絶なナックル合戦へ。日本スタイルをそのままアメリカでも見せ合う。栗原はコーナーまで文子を誘いだすとコーナーからのアームブリーカー。さらに「行くぞー」と叫んでの卍固めへ。そして再びエプロン上での攻防となり、文子がDDTで栗原の頭をエプロンマットに打ち付ける。
 しかし文子がトップロープにいる際、栗原も放り投げ式のパワーボムを繰り出してお返し。そしてダブルの串刺しニーからミサイルキックで攻勢に立つが文子も同じミサイルキックで反撃。栗原はひるまずに切り返し〜ドロップキックを出し、文子を場外へ送り出すとプランチャを敢行。アメリカマットでも飛んだ。
 そしてリング内で再度ミサイルキックを狙うが、文子が下から飛んで迎撃される。文子は顔面へニーを当てるが栗原もナックルでお返し。文子はパワーボムを狙えば栗原は高角度のエビ固めで切り返す。ここで栗原は低空のドロップキックを見せ、さらにミサイルキックを後頭部へ浴びせた。文子はなんとかカウント2で返す。栗原は裏投げでさらにたたみかけ、突進してくる文子にエルボーで吹っ飛ばす。しかし変型裏投げを狙った際、持ち上げる前に体勢を入れ替えられ、スピンキックの連打を受け、さらにAPクロスへ。しかしこれを2ではねのけると館内は大歓声。「アユミ」コール一色となった。文子は手を休めず止めのAPクロスを見舞い、ついに栗原も力尽きた。
 文子はマイクを持ち、英語で「日本はいま大変なときを迎えています。でも日本から今日、ここにきているみなさん、そして日本にいるみなさんに言いたい。ジャパニーズ・ネバーギブアップ!」とコメント。この言葉にはアメリカ人の観客も拍手をおくった。
 文子は「今日、あゆみと闘って日本人のパワーを見せることができたと思います。このSHIMMERのメインであゆみとやらせてもらってSHIMMERには本当に感謝しているし、日本のことを思うと、心配だし、こうやって今話しているだけでも涙が出てくるけど、日本人の強さ、たくましさを知ってもらえたら嬉しいです」と話した。栗原は「負けて悔しいしか出てこないんです、日本がこういときにアメリカにきて試合に出させてもらって、日本人同士というか、浜田文子選手とやらせてもらって日本の誇れるスタイルと言うか、プロレスは見せれたんじゃないかなと思います」と振り返った。
 なお、大会を通じて、日本人売店の前に義円金募金箱を設置、アメリカのファンから集まった総額249ドルはSHIMMERを通じて、日本に送られる。

<<過去のニュース>>
このページは栗原あゆみさんを応援するページです。このページに使用されている画像・記事の一切の転載を認めません。
(C)All Right Reserved キャラスパ!編集部., 2010. Special Thanks AYUMI’S OFFICE.
譜久村聖
もどる キャラスパ!
RSS Copyright(C) キャラスパ!編集部 All right Reserved. Since 2010.